ADA アルトコイン ダイダロスウォレット 仮想通貨

ダイダロスペーパー(コールド)ウォレットの還元方法と3つの問題点を徹底解説

更新日:

ダイダロスペーパー(コールド)ウォレットの還元方法と3つの問題点を徹底解説

 

こんにちは、ADA(エイダコイン)ホルダー五郎です。

 

突然ですが、「まだかよ」って嘆きたくなりました!

 

ペーパーウォレット(コールドウォレット)に保管していたADA(エイダコイン)をダイダロスウォレットに移動させたのですが…

時間がものすごく掛かりまました。

 

最初、1週間6日49分っていう表示が出た時、ウソでしょ?!って思いました。

約2週間ですよ。

ありえないでしょ?!

 

我が家のインターネット環境が悪い?
いやいやインターネット環境が悪ければ、そもそもダイダロスウォレットが開きませんからね。

 

原因は? まだ開発途中だから?

現在(2018年6月)時点で一番安心安全なので、時間がかかっても仕方がない?

 

もう少し改良の余地があるのではないでしょうか?
ADA(エイダコイン)以外の仮想通貨のコールドウォレットも還元(復元)するのに時間がかかるのかね~

 

まぁ、無事にダイダロスウォレットにADA(エイダコイン)を移動(送金)できたのでよしとしますが…

 

今回は、ダイダロスペーパーウォレットの還元方法(ペーパーウォレットからダイダロスウォレットへ)を解説していきます。
時間がかかりますが…

是非、参考にしてみて下さい。

 

それでは、はじまりはじまり

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイダロスペーパーウォレットとは

カルダノ財団が発行している仮想通貨しているADA(エイダコイン)。
そのADA(エイダコイン)専用ウォレットがダイダロスウォレットです。

 

➡ADA(エイダコイン)最新情報

 

もっと詳しくダイダロスウォレットを知りたい人はコチラ

➡ダイダロスウォレットとは

 

 

2018年5月末の更新で、ダイダロスウォレットがペーパーウォレットに対応できるようになりました。
ペーパーウォレットは、現在ある仮想通貨ウォレットの中で、一番安全といわれています。

 

➡ダイダロスペーパーウォレットとは

 

ADA(エイダコイン)を実際の紙に印刷してウォレット内に保管しておくのでオフライン状態になります。
オフライン状態になっていれば、ネット上のサイバー攻撃やハッキング被害を受けることもありません。

 

アナログな保管方法なので、設定に少し手間がかかります。
また、印刷したペーパーウォレットを紛失してしまうと、文字通り仮想通貨の紛失を意味します。
もし、ペーパーウォレットをお持ちなら、保管方法に注意したいですね。

 

 

 

ダイダロスペーパーウォレットの還元方法

では、実際にペーパーウォレットからダイダロスウォレットにADA(エイダコイン)を戻してみましょう。

 

還元手順

1.ダイダロスウォレットにログイン

2.「復元」

3.ウォレットの還元 → 復元フレーズの入力

4.ひたすら待つ

5.完了

 

 

 

 

1.ダイダロスウォレットにログイン

 

まず、ダイダロスウォレットにログイン、「+ウォレットの追加」をクリックします。

 

 

2.「復元」

「復元フレーズもしくはペーパーウォレット証明書を用いて復元する」をクリックします。

 

 

3.ウォレットの還元 → 復元フレーズの入力

ウォレット名に好きな名前を入れます。
日本語のウォレット名にするとエラーが発生する報告がありますので、英数字でウォレット名入力した方がいいですね。

ペーパーウォレットの中に記載されている27個の復元フレーズを順番通りに入力します。

最後に「ウォレット復元」をクリックします。

 

 

 

4.ひたすら待つ

復元開始直後は、「1週6日49分2秒」もの時間がが復元にかかると表示されていてビックリしました。

 

しかし、徐々に時間は減っていき、「5時間20分」まで減りました。

そして、気長に待つと…

 

 

5.完了

やっと完了しました。
延べ約5時間位待ったでしょうか?

 

 

ダイダロスペーパー(コールド)ウォレットの3つの問題点

 

いや~還元するのにいくら何でも5時間はかかり過ぎです。
気の短い人だったら、パソコンを地面に投げつけているかも知れませんね((笑)

 

開発途中だからなんでしょうか?

 

一番安全なのはわかりますが…
ガチホで本当にもうADA(エイダコイン)を動かさないって人向けのウォレットですね。

 

せめて、30分くらいになるといいな~って思いました。
ねっ!カルダノさん。

 

 

 

もう一つの問題点は、既存のウォレットに還元されないことです。
下の画像を見てもうとわかるのですが、「Goro's Wallet」が2つ並んでいます。

 

下の「Goro's Wallet」は、前から持っているウォレットで、上のウォレットは今回ペーパーウォレットから還元する際に、新たにできたウォレットです。

同じ名前で還元したのには理由があって、下の「Goro's Wallet」にADA(エイダコイン)を入れるつもりでペーパーウォレットを還元しました。

 

しかし結果は、2つの「Goro's Wallet」ができてしまいました。
まぁ還元できたとは間違いないのですが、2つの財布を持ち歩くイメージになってしまい、なんだか重荷…

 

既存の「Goro's Wallet」に送金すれば済む話なんでしょうけど。

 

 

 

 

最後問題点は、ペーパーウォレットにADA(エイダコイン)を入れておいてもステーキング報酬が貰えないことがわかりました。

なので、ステーキング報酬をもらうには、ペーパーではないダイダロスウォレットに入れておく必要があるようです。
安全なペーパーウォレットに入れておいてもステーキング報酬もらえませんので、気を付けて下さい。

 

 

まとめ

今回は、ダイダロスペーパーウォレットから通常のダイダロスウォレットに還元する方法と、3つの問題点を解説しました。

ペーパーウォレットに入れておくと一番安全なのはわかりましたが、ステーキング報酬が貰えないとなると、使う人いるのかなぁって感じになってしまいます。

 

 

ペーパーウォレットの問題点

1.ダイダロスウォレットへの還元に時間がかかる

2.既存のウォレットに還元できない

3.ステーキング報酬がもらえない

 

う~ん、安全をとるか? ステーキング報酬をとるか?

あなたなら、どっち!?

(昔こんな番組ありましたね)

 

➡最新ADA(エイダコイン)情報はこちら

 

 

 

 

おススメ広告

あなたにおすすめ広告

-ADA, アルトコイン, ダイダロスウォレット, 仮想通貨

Copyright© 今サラ五郎さんの節約投資実践・勉強 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.