ADA アルトコイン ウォレット ビットコイン 仮想通貨

「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」の最新バージョンのファームウェアへアップデート手順を徹底解説

投稿日:

「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」の最新バージョンのファームウェアへアップデート手順を徹底解説

 

こんにちは、五郎です。

 

仮想通貨資産守っていますか?

 

ハードウォレットに自分の保有している仮想通貨を移す!
たった、これだけであなたの大事な仮想通貨を守ることができます。

 

ハードウォレットの代表といえば、「Ledger Nano S」ですよね。
五郎は、仮想通貨の師匠に「Ledger Nano S」を教えてもらいました。

 

仮想通貨をオフライン状態におくことで、ハッキングや盗難被害から守ってくれます。

 

「Ledger Nano S」も日々進化をしていて、保管できる通貨が増えていったり、セキュリティが強化されたりしています。
ですから、最新のファームウェアへのアップデートは必須の作業になってきます。

 

そこで今回は、「Ledger Nano S」最新バージョンファームウェアへのアップデート方法を徹底解説しています。

 

 

 

 

 

 

「Ledger Nano S」最新ファームウェアアップデート注意点

2018年6月25日時点での最新ファームウェアは、「1.4.2」になります。

 

自分の持っている「Ledger Nano S」ファームウェアバージョンがわからない人は、下記を参考に調べてみて下さい。

<「Ledger Nano S」ファームウェアバージョンの確認方法>

1.Ledger Nano Sをパソコンに接続、PINコードを入力してロックを解除

2.「Setting」に合わせて、ボタン同時押し

3.「Device」を選択して、ボタン同時押し

4.「Firmware」を選択して、ボタン同時押し

5.Ledger Nano Sのバージョンが表示

 

注意ポイント

Windows7のOSのパソコンでは「Ledger Nano S」のアップデートができなくなりました。
公式ページにも書かれています。
Windows10でアップデートするようにして下さい。

MacOSにアップデートできないという情報はありません。

 

 

「Ledger Nano S」最新バージョン「1.4.2」アップデート変更内容

主な変更内容

1.PINコードセキュリティの向上
2.リカバリーフレーズセキュリティの向上
3.アプリチェックの改善

 

1.PINコードセキュリティの向上

PINコード入力の初期数値が変更になっています。

<変更前> 最初に表示される数字「5」

<変更後> 最初に表示される数字「0~9(ランダム)」

 

2.リカバリーフレーズセキュリティの向上

リカバリーフレーズの最初に表示される文字が変更になっています。

<変更前> 最初に表示される文字「A」

<変更後> 最初に表示される文字「A~Z(ランダム)」

 

3.アプリチェックの改善

インストールされたアプリの動作確認・検証方法を改善しました。

 

 

 

「Ledger Nano S」ファームウェアバージョン更新する前に

これだけは、必ずチェックして下さい。

 

ポイント

24個のリカバリーフレーズが手元にあること

24個のリカバリーフレーズがないと、保管してある仮想通貨を紛失してしまいます。
なくさないように手元に置いておきましょう。

 

 

「Ledger Nano S」最新バージョンへアップデートする手順

1.「Ledger Nano S」をパソコンと接続

 

2.Google Chrome「Ledger Manager」アプリを立ち上げ

「Ledger Manager」がどこにあるかわからない人は、
検索窓に「chrome://apps/と入力 → 「Enter」キー
で出てきます。

ブックマークしておくと良いですよ。

 

3.通貨ごとのアプリをアンインストール

ファームウェアのインストーラー容量を増やすために、各通貨アプリを削除します。

注意ポイント

念のためBitCoinアプリは最後にアンインストール

 

 

4.FIRMWARES

画面左側にある「FIRMWARES」をクリックします。

 

5.最新ファームウェアをインストール

画面右上にある「インストール」をクリックすると、インストトールが開始されます。

 

6.「Ledger Nano S」の操作

Ledger Nano Sの画面に「Confirm Allow Ledger manager?」と表示されたら右側のボタンを押します

 

画面表示が「Update firmware」になったら右ボタンを押します

 

 

7.ファームウェアバージョンの確認

ファームウェアバージョンが「1.4.2」になったのを確認し、右ボタンを押します

 

「Ledger Nano S」と「Ledger Manager」の識別子一致を確認し、右ボタンを押します

これで、「Ledger Nano S」のアップデート完了です。

 

 

8.通貨ごとのアプリをインストール

3で削除した通貨アプリをインストールします。

 

パソコン画面の左側「APPLICATIONS」をクリック
通貨ごとのアプリの横にある「↓矢印」ボタンをクリックするとインストールができます。

注意ポイント

最初にBitcoinアプリをインストールすること

 

これで「Ledger Nano S」ファームウェアアップデートは全て完了です。

 

 

 

「Ledger Nano S」アップデート更新がうまくいかない場合

「Ledger Nano S」アップデートがうまくいかない場合は、公式ページをチェックしてみて下さい。
最新盤のアップデート方法がのっているかもしれません。

公式「Ledger Nano S」

 

 

まとめ

仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」ファームウェアアップデートをしてみました。

 

実は、「Ledger Nano S」を新規購入してから開封までに1カ月位投げっぱなしにしていました。
五郎が購入した「Ledger Nano S」は、ファームウェアバージョンが「1.4.1」のもので…

 

「なんかうまく動かないなぁ…」

 

なんて思いながら色々調べていたら、最新のファームウェアではないことが発覚。
すぐにファームウェアをアップデートして、無事に使うことができました。

 

現在はRipple(リップル,XRP)を安全に保管しています。

他の仮想通貨を購入したら、じゃんじゃんと「Ledger Nano S」に入れていくつもりです。

 

五郎一押しのカルダノ通貨ADA(エイダコイン)はまだ未対応みたいですが、近々に対応してくれるでしょう。
あなたの仮想通貨資産を安全に保管しましょうね。

 

 

 

 

 

 

おススメ広告

あなたにおすすめ広告

-ADA, アルトコイン, ウォレット, ビットコイン, 仮想通貨
-, , , , , , , , ,

Copyright© 今サラ五郎さんの節約投資実践・勉強 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.