アルトコイン ウォレット ビットコイン 仮想通貨 取引所

「Ledger Nano S」リップルウォレットの初期設定と送金方法を徹底解説

投稿日:

「Ledger Nano S」リップルウォレットの初期設定と送金方法を徹底解説

 

こんにちは、五郎です。

 

仮想通貨取引所の盗難事件発生!!

 

最近ネットニュースなどで目にする事が多くなりました。

 

ブロックチェーン技術が日進月歩で開発されていくと同時に、ハッキングの技術もどんどん高度化されているのでしょうか?
セキュリティが高いと言われているような仮想通貨取引所も、サイバー攻撃の被害にあう日もそう遠い未来ではないような…

 

コインチェックがサイバー攻撃されて、580憶円も流出・盗難にあったのは日本中で話題になり、仮想通貨の評判が「がた落ち」したのは記憶に新しいですね。

 

まさか、あなたの大事な仮想通貨を取引所に入れっぱなしになんてしていないですよね?

 

ハッキングされたら…無くなってしまいますよ。

 

そこで今回は、五郎の大事なRipple(リップル,XRP)をハードウォレットの「Ledger Nano S」に送金するための初期設定から、リップルを実際に送金し、安全に保管してみましょう。

 

➡公式「Ledger Nano S」

 

 

 

 

 

LedgerWalletのリップルアプリ(Ripple app)を初期設定

 

Leger Nano SにRipple(リップル,XRP)を保管する場合、専用のリップルアプリ(Ripple app)が必要になります。

 

Ledger Ripple Walletアプリ

https://www.ledgerwallet.com/apps/ripple

 

1.「Ripple(リップル)用のウォレット」(パソコン側)をダウンロード

「Ledger Wallet Ripple」にアクセスし、「アプリを取得」をクリックします。

 

 

2.アプリをダウンロード

「ダウンロード」ボタンをクリックし、パソコンの任意の場所にダウンロードします。
デスクトップにダウンロードすると一番わかりやすいですね。

 

3.パソコンにインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、インストールを開始します。

 

 

4.ダウンロード完了

「Finish」をクリックしてダウンロードを完了させます。

 

5.Ledger Managerを開く

Ledger Nano S」とパソコンをつなぎ、PINコードを解除しておきます。

 

パソコンのGoogle ChromeアプリLedger Manager」を開きます。

※Google Chromeアプリの探し方

chrome://apps/

↑のアドレスをコピーして、Googleの検索窓に貼り付け

 

 

6.「Ripple(リップル)のアプリケーション(Ledger Nano S用)」をダウンロード

Ledger用のRippleアプリケーションをダウンロードします。

画面をスクロールし、表示されている仮想通貨の中から、Ripple(リップル)を探します。

矢印ボタンを押し、Ledger Nano Sにアプリを入れます(ダウンロード)

 

7.Ledger Nano S側のインストール完了

Ledger Nano Sの画面が、下画像のようになればOKです。

 

 

Ledger Nano SにRipple(リップル,XRP)を送金・保管する方法

1.Ledger Nano Sをパソコンと接続

 

Ledger Nano Sとパソコンを接続し、PINコードを入力します。

 

 

入力完了すると、下画像になります。

 

2.Ledger Wallet Rippleを起動

パソコンにインストールした「Ledger Wallet Ripple」を起動します。

 

3.Ledger Nano S側のRippleを起動

Ledger Nano Sの画面を「Ripple」に合わせ、上部ボタンを両方同時に押します。

 

4.Ledger Wallet Rippleのアカウントが開く

 

5.Ripple(リップル,XRP)の受信(入金)用アドレス(QRコード)を開く

画面上部の「↓矢印ボタン」をクリックします。

 

6.コインチェック(送信元)にログイン

コインチェックにログインし、「コインを送る」をクリックします。

 

7.Ledger Nano Sのアドレスを追加

「Rippleを送る」を選択し、「送金先リストの編集」をクリックします。

ラベル:Ledger Nano S

宛先:rGh*************

 

宛先には、Ledger Ripple Walletの受信(入金)用アドレスをコピペします。

 

ラベル名は、わかりやすく「Ledger Nano S」にしました。
入力し終わったら、「追加」をクリック

 

8.宛先・金額を入力

先ほど追加したLedger Nano Sを選択し、金額(XRP)を入力します。

注意ポイント

手数料 0.15 XRP がかかります。

金額を確認し、「送金する」をクリックします。

 

9.送金先・金額の確認

送金先と金額の確認画面になりますので、「OK」をクリックします。

 

10.メールが届く

コインチェックから、送金申請のお知らせメールが届きます。

 

11.入金完了

「Ledger Wallet Ripple」に送金したRipple(リップル,XRP)が反映されれば完了です。

 

 

まとめ

今回は、「Ledger Nano S」にコインチェックからRipple(リップル,XRP)を送金してみました。

送金する手順をまとめると以下のようになります。

 

手順

1.パソコンに「Ledger Wallet Ripple」をインストール

2.Ledger Nano Sに「Ripple」をインストール

3.「Ledger Wallet Ripple」の入金用アドレスをコピー

4.コインチェック(送金元)に「Ledger Wallet Ripple」の入金用アドレスを貼り付け

5.金額を入力

6.送金

7.完了

 

送金完了から入金まで、約2時間20分かかりました。
5分位で着金になると思っていましたが、予想外に時間がかかりました。

でも、これでコインチェックがサイバー攻撃にあっても、五郎のRipple(リップル,XRP)は安全です。

 

つい3日前にも韓国の仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)が約35億円盗難被害にあったばかりです。

 

 

ビッサム(Bithumb)が顧客に補償すると声明を出していますが、自分の財産は自分で守るようにした方が良いですね。

 

盗難被害にあわないためにも、是非「Ledger Nano S」を使ってみて下さい。

 

➡公式「Ledger Nano S」

 

 

 

 

 

おススメ広告

あなたにおすすめ広告

-アルトコイン, ウォレット, ビットコイン, 仮想通貨, 取引所
-, , , , , , , , ,

Copyright© 今サラ五郎さんの節約投資実践・勉強 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.