ADA アルトコイン ダイダロスウォレット 仮想通貨

2018年版 ADA(エイダコイン)の目的,特徴,ロードマップ,現在価格とチャート,取扱取引所,今後,将来性まとめ

投稿日:

2018年版 ADA(エイダコイン)の目的,特徴,ロードマップ,現在価格とチャート,取扱取引所,今後,将来性まとめ

 

こんにちは、「ADAを愛する」五郎です。

ADA(カルダノコイン)が五郎のヴァージンコインといっても過言ではありません。
(その前にビットコインを送金してるのですが…)

仮想通貨人生は、ADA(エイダコイン)/Cardano(カルダノ)から始まりました。
ゆえに愛着はどの仮想通貨よりもあるし、価格上昇の期待もしています。

ADA(エイダコイン)ICOの話を持ち掛けられたとき、「仮想通貨」自体がなんなのかほとんど知らない状況でした。
当時はオンラインカジノ・ゲームに使うコインってくらいにしか考えていませんでしたが、今や世界中の契約インフラ、決済インフラを変えてしまうかも知れないほどに膨れ上がったADA。

今回は、五郎が愛してやまないADA(エイダコイン)の紹介をしていきます。
開発の目的や、特徴、今後の将来性、価格予想(理由あり)なんかもしていますので、最後までご覧ください。

では、はじまりはじまり

 

 

 

 

ADA(エイダ)コインの開発目的とは?

「カルダノ」の画像検索結果

1.オンラインゲーム・オンラインカジノのプラットフォーム構築
2.汎用性の高いプラットフォーム構築
3.エイダコインによる支払い
4.DApps
5.30億人の財布

 

1.オンラインゲーム・オンラインカジノのプラットフォーム構築

「カジノ フリー素材」の画像検索結果

開発当初のADA(エイダコイン)は、10兆円以上と言われているオンラインゲーム・オンラインカジノ市場のプラットフォーム構築をしていました。

胴元(ゲーム運営者。カジノ主催者など)、ゲーマー(ユーザー)の不正防止(公平中立な運営)が主な目的で、ユーザー獲得・定着の手段として開発。

 

 

2.汎用性の高いプラットフォーム構築

 

高い「不正防止」の機能を持つADA(エイダコイン)は、オンラインゲーム・オンラインカジノだけでなく、その高い汎用性により様々なプラットフォーム構築開発をするようになりました。

 

 

3.ADA(エイダコイン)による支払い

 

カルダノコインとも言われるADA(エイダコイン)にも、汎用性を持たせようとしています。

ビットコイン、イーサリアムに続く仮想通貨界のインフラコインになろうとしています。
法定通貨、不動産、証券、金、ポイント…などをADA(エイダコイン)で購入できる日が近い未来にやってきます。

 

 

4.DApps

関連画像

DApps = Decentralized Applications

 

直訳すると、「分権」+「妥当性・応用・適用」

中央集権不在でも稼働するブロックチェーンシステムを利用したアプリケーションを作ろうとしています。
分散型台帳技術開発で、中央集権の問題点を解決しようとしています。

 

中央集権の問題点とは…

例)2013年に発覚した年金基金元事務長24億円使途不明、6400万円着服事件
一人の責任者が管理していたために、24億という莫大な使途不明金、着服の不正が発覚遅れました。
皆で監視するブロックチェーンシステムであれば、管理者不在でも不正発生は起こらないです。

 

 

5.30憶人の財布

「東南アジア 発展途上国 フリー画像」の画像検索結果

2017年度調査(グローバルフィンテック)によると、東南アジア圏途上国の銀行口座保有率が低いとのデータが出ています。


日本の銀行口座保有率は、96.6%と全員が口座を持っていますが、途上国ではまだまだ口座保有数が少ないのが現状です。

銀行口座を持たない人々の財産を守る目的がCardanoの大きな使命だと考えているようです。
また、海外労働者が、自国の家族への仕送りにADA(エイダコイン)を使用すれば、低コストで早く家族に送金することができるようになります。

また、ADAのIDが、個人証明書を持たない人たちの個人証明書の代わりになろうとしています。

 

 

 

ADA(エイダ)コインの基本情報

 

通貨名 エイダコイン
シンボル ADA
公開日 2017年10月
時価総額(円) 700億円
時価総額順位 7位(コインマーケットキャップ)
発行枚数(上限枚数) 4500憶 ADA
取扱取引所 Binance、Bittrex、Huobi他
公式サイト https://www.cardanohub.org/
ホワイトペーパー https://www.cardanohub.org/en/academic-papers/?id=101
Twitter https://twitter.com/cardanostiftung
Facebook https://www.facebook.com/groups/CardanoCommunity/

 

Cardano紹介動画(公式)

 

 

 

ADA(エイダ)コイン/Cardano(カルダノ)のロードマップ

 

Cardano(カルダノ)のロードマップは大きく5つのフェーズ(局面)があります。

5つのフェーズ

1.Byron
2.SHELLEY
3.Goguen
4.Basho
5.Voltaire

 

 

1.Byron

ほとんど完了しているフェーズで、カルダノプロジェクト立ち上げ~上場、ダイダロスウォレットリリースまでになっています。
Byronのメンテナンスが残っているだけと思われます。

 

 

2.SHELLEY

 

現在(2018年5月)のフェーズです。
非中央集権化を加速させるのを大きな目的としているプロジェクトです。

その他にも、下記内容がそれぞれのチームにより進行中(抜粋)

 

・ダイダロスウォレットのアップデート

ADAだけでなく、他仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム)を保管できるように改良中

 

・量子コンピューター電子証明方式

量子コンピューター開発が進む中で、Cardanoの暗号キーが破られないように対策中

 

・ペーパーウォレット

オフラインで、ADA(エイダコイン)を実体化させ、資産を保管できるように開発中

 

・ステーキングの下地作り

ADA(エイダコイン)専用のウォレット(ダイダロスウォレット)にADAを保管しておくことで、利息が貰えるシステムがステーキング機能と言います。
その実用化に向けて、ステークプール(ステーキングのためのテスト)を実施中

仮想通貨ADAコインのステーキングとは?いつから始まる!?最新情報

 

・LEDGERウォレット対応

ハードウォレットの代表とされている「LEDGERウォレット」に対応するように開発中

 

・デビットカード導入

 

 

 

3.Goguen

・スマートコントラクト機能の統合
・サイドチェーンの構築

 

 

4.Basho

松尾芭蕉の名前からとったフェーズ名です。
・パフォーマンスを中心とした改良
・安全性、拡張性向上

 

 

5.Voltaire

・財務システム及びガバナンス(意味:統治、統制)をカルダノに導入
・拡張性及び保証性

 

 

ロードマップに、4~6のフェーズ内容が大まかにしか書いてありません。
毎月のアップデートを注視していきたいですね。

 

 

 

ADA(エイダ)コインが詐欺と言われた5つの理由

「詐欺」の画像検索結果

1.泉〇司氏の存在

2.ICO案件のパイオニア

3.過剰な勧誘活動

4.公開予定が半年以上遅れ

5.ライバルICOからのイヤガラセ

 

 

1.泉〇司氏の存在

知っている人は知っている人物、泉〇司氏。

ノアコインや他ICO関連の詐欺事件でやり玉に上げられています。
この人物がADA(エイダコイン)ICOに関わっているとの情報があったとかないとか。
「ノアコイン 詐欺」でネット検索すると情報が出てきます。
かなりグレーな感じの人物ですね。

 

 

2.ICO案件のパイオニア

ADA(エイダコイン)は、仮想通貨界でも早い時期のICO案件でした。
ICOがまだ一般的(まだ一般的ではない?)に浸透していない時から資金集めをしていました。
海のものとも山のものともわからないものをセールスされるわけですから、詐欺と思われても仕方がなかったのでは。

 

 

3.過剰な勧誘活動

アフィリエイターなどによって、勧誘活動が過剰に行われていました。
中には強引に勧誘していた人がいたのかも知れません。

 

 

4.公開予定が半年以上遅れた

開発スケジュールが遅れ、公開予定が半年以上遅れてしまいました。
そのため、公開を心待ちにしていた人たちから詐欺と疑われたようです。

五郎は、ADA(カルダノコイン)ICOを紹介してくれた人から「気長に待ってね~」って言われていたので、全然詐欺と思いませんでした。

 

 

5.ライバルICOからのイヤガラセ

推測になるのですが、同時期にICOで資金集めしていたライバル通貨が、SNSなどに中傷(詐欺)的な書き込みをしていた可能性も否定できません。

 

 

詐欺、詐欺と言われてきましたが、現在は無事に上場を果たし、開発も進行中。
あとは、実用化に向けて邁進していって欲しいですね。
そして、詐欺だと言っていた人たちをギャフンと言わせたいですね。

 

 

ADA(エイダ)コインの現在価格とチャート

ADAの現在価格

 

 

 

 

ADA(エイダ)コインの6つの特徴

「ADA」の画像検索結果

1.不正防止
2.日本国内にATM設置
3.ADA(エイダ)コイン独自のブロックエクスプローラー
4.Cardanoデビットカードの実用化
5.スマートコントラクト「Plutus」
6.量子コンピューターに対応

 

1.不正防止

公正・公平・改ざんができないブロックチェーンとして、中央集権による不正を防止するという目的で開発されているブロックチェーン。
オンラインゲーム・オンラインカジノでの運営者(胴元)側によるコントロールで、ゲーマーが不利益にならないようにADA(エイダコイン)/Cardano(カルダノ)のプラットフォームで皆で監視しています。
現在は、汎用性あるプラットチェーンとして、広い分野において開発・企業との提携をしています。

 

 

2.日本国内にATM設置

国内25カ所にADA(カルダノコイン)ATMの設置が予定されていますが、いつ設置されるのか明確になっていません。
ビットコインATMは、関東圏を中心に10カ所以上に設置されていますが、まだまだ発展途上です。
ADA(エイダコイン)がビットコインを抜いてATMを全国に設置して欲しいですね。

 

 

3.ADA(エイダ)コイン独自のブロックエクスプローラー

ブロックエクスプローラーとは、仮想通貨全取引履歴(記録)を見ることができるシステムです。
ADA(エイダコイン)には、オリジナルのブロックエクスプローラーがあります。

 

ADA(エイダコイン)ブロックエクスプローラーチュートリアル動画

 

 

4.Cardanoデビットカードの実用化

「カルダノデビットカード」の画像検索結果

ネットショッピングはもちろん、実店舗でも使用可能なデビットカード。
ADA(エイダコイン)で支払い決済する日ももう間近に来ています。

 

 

5.スマートコントラクト「Plutus」

関連画像

Plutusの意味は、「富の神」「財産の神」

Smart Contract = 賢い+契約

という意味です。
契約プロセス自動化をプログラム化したものをいいます。

例)ネットショッピング
1.Amazonで商品をカートへ
2.クレジットカード情報入力
3.購入決定ボタン
4.商品配送
5.手元に商品到着
6.クレジット会社からAmazonへ入金

この一連の流れ(プロセス)を自動化してくれるのが、スマートコントラクト「Plutus」ということになります。

 

 

6.量子コンピューターに対応

関連画像

スーパーコンピューター(スパコン)の1億倍の処理能力を持つ量子コンピューター。

5年後には実用化されるといいます。
仮想通貨の暗号を簡単に破るともいわれていて、ハッキング以上の被害が予測されます。
今のうちに対応しようと、耐量子コンピューター電子証明方式(ロードマップ進捗50%)を開発中です。

 

 

ADA(エイダ)コインが一時暴騰した理由

ADA(エイダコイン)は、2018年1月に「1ADA=1.2ドル」の最高値を付けました。

その理由は2つ。

一つ目は、Binanceなどの仮想通貨取引所に上場が好材料になった。

二つ目は、ロードマップの更新や、カンファレンスが色々な都市で随時行われている事が好材料に。

現在は、0.25$(2018年5月20日)あたりをウロウロとしていますが、今後はどのような動きをしていくのでしょうか?

 

 

ADA(エイダ)コイン取扱い仮想通貨取引所

関連画像

 

海外取引所
・Binance(バイナンス)
・Bittrex(ビットレックス)
・Huobi.io(フオビ)
・Gate.io(ゲート)
・Upbit(アップビット)

 

国内取引所
なし

 

ADA(エイダコイン)が国内取引所上場する噂はあるようですが、裏が取れていません。

 

 

2018年ADA(エイダ)コインの価格予想

「右肩上がり」の画像検索結果

2018年のADA価格は、100円オーバーになると思われます。

海外のサイトでは、

Reasons Proving Cardano (ADA) Won’t Stay Under $1 for Long(Cardano(ADA)が長い間1ドル未満にいない理由を証明)」

と題して、ADAの価格上昇する理由を述べています。

 

以下、内容の抜粋
SHELLEY(ロードマップのフェーズ2)が現実使用製品開発が進行している
世界中の多くの仮想通貨取引所に上場している
コインが普及し、需要が増える
Coinbaseというアメリカ大手仮想通貨取引所に上場した場合に大きく動きそう
6月に0.5ドル、それ以降は簡単に1ドルを超えていく

 

また、別のサイトでは、1年後に8ドル(880円)5年後に47.6ドル(5270円)になると予測しています。
http://www.coinliker.com/forecast/cardano-5aer-prediction

 

 

ADA(エイダ)コインの最新ニュース

様々な企業や団体と提携を結んで、ADA/Cardanoの価値の現実味が出てきました!

 

 

ADA(エイダ)コインの今後と将来性予測

「仮想通貨 未来」の画像検索結果

現在は、ADA/JPYでは、27円付近をウロウロしていますが、これも一時的なものと考えています。

・ADA取り扱いを始める海外仮想通貨取引所が増えてきた

・ADA日本国内取引所上場(希望)

・量子コンピューター対応(量子コンピューター対応できない仮想通貨は消滅し、投資マネーが集約される)

・提携を結ぶ企業や団体が増えてきて、ADA/Cardanoの需要が出てきた

・重要が出てくれば開発もスピードアップする

上記5点の理由から、現状維持ってことはないと考えています。

 

3~5年の長期保有していれば、量子コンピューター対応の仮想通貨は全体に価格底上げに。
だから、短期トレードはやめて、「ガチホ」で!!

 

 

ADA(エイダ)コインまとめ

ADA(エイダコイン)は、現在絶賛開発中(実用化間近)の契約プラットフォームです。

ビットコイン、イーサリアムに続く第3のインフラ仮想通貨になること間違いなし!
というか、ADAがビットコイン、イーサリアムを抜いて、実用化仮想通貨No.1になって欲しいと心から願っています。

「ADAを愛し、ADAに愛された男」五郎のお願いです。

 

投資判断は自己責任でお願いいたします。

それでは、また次回

 

 

 

 

おススメ広告

あなたにおすすめ広告

-ADA, アルトコイン, ダイダロスウォレット, 仮想通貨
-, , , , , , , , ,

Copyright© 今サラ五郎さんの節約投資実践・勉強 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.