低位株投資 株式投資

【実践】初心者もできる低位株投資!10万円予算で1万円以下の株を複数買ってみた

投稿日:

【実践】初心者もできる低位株投資!10万円予算で1万円以下の株を複数買ってみた

 

こんにちは。五郎です。

 

低位株(ていいかぶ)っていう言葉知っていますか?

 

ウィキペディアによると、「株価の低い株式を指す言葉。 ボロ株とも言われる。」と書かれています。
ボロ株って…その会社になんか失礼な感じがしますが…

 

今回、そて低位株を実際に買ってみようと思います。

 

数年前に低位株に投資をするシミュレーションをしたときに、結構良いパフォーマンスが出ていたのを思い出しました。
その時の事を思い出しながら投資する企業を選定して、実際に株を買っていきます。

 

 

 

 

 

低位株投資法とは?

低位株投資法は、少額で買える株を買って値上がりを期待する投資法です。
中でも1万円以下で買える株は「超低位株」と言われています。

少ない資金でも株式投資ができるので、投資初心者におススメです。

低位株投資のメリット

1.少ない資金で投資ができる
2.分散投資
3.投資対象企業の分析が不要
4.短期間で値上がりする可能性がある

 

1.少ない資金で投資ができる

 

超低位株を選べば、1万円以下で株式投資を始めることができます。

例)東証2部 アジア開発キャピタル(証券コード(9318)
2018年7月11日終値 10円
単元株 100株
最低投資額 10円 × 100株 = 1000円

上記の例は一番安い例ですが、1万円以下で買える株は、2018年7月11日終値でなんと、
35企業
もあります。

全部それぞれ単元株数購入しても、20万円弱です。

 

2.分散投資

複数の企業株を買うことで、リスクを分散するとこができます。
1企業が倒産したとしても、3企業の株価が上がれば倒産企業に投資分をカバーできたりします。

 

3.投資対象企業の分析が不要

株式投資の神様ウォーレン・バフェットさんは、投資する企業の内部に入って調査し、投資に値するかどうか判断すると本で読んだことがあります。

投資する会社の業績や仕組み、人事関係、株価が割安なのか割高なのか調べるには時間が必要です。

今回おこなう低位株投資は、細かい点まで調べる必要はありません。
いくつかの条件をクリアしている会社だけ投資していきます。

 

4.短期間で値上がりする可能性がある

業績云々関係なく値動きすることがあります。
仕手が入っているという噂もありますが…

仕手とは

巨額の投資資金を武器に銘柄の価格や売買高を意図的に操縦し、利益を得ようとする。 ひとたび仕手が動くと、企業業績とは無関係に株価が急変動する。
通常は、仕手筋以外の投資家(提灯)の投機資金を巻き込みながら、一定期間をかけて急騰や急落を繰り返すが、やがては企業業績に見合った株価位置に戻っていく。

出典:ウィキペディア

上記は、アジア開発キャピタルの例です。

2017年8月に最高値29円を付けています。
現在の価格が10円なので、2.9倍ですね。

 

 

低位株投資のデメリット

1.投資した企業が倒産
2.機会損失
3.監視が必要

 

1.投資した企業が倒産

業績や財務を詳細まで調査しないので、投資した企業が倒産する可能性があります。
実際数年前に行ったシミュレーションでも、何個かの企業が株式市場からいなくなっていました。

 

2.機会損失

低位株は値動きが少ないです。
動いても1~2円とかが多いです。
利益確定(損切)まで投資資金が動かせなくなります

 

3.監視が必要

低位株は一瞬で値上がりし、元に戻ることが多いです。
株式取引が行われている日は毎日チェックが必要です。

 

 

低位株投資の条件

五郎流!低位株投資の条件

1.投資金額上限 10万円
2.1銘柄1万円以下(小型株)
3.10銘柄以内
4.市場は不問(ETFは除く)
5.PBR2倍以内
6.当期利益がプラス
7.成行で購入

 

楽天証券で低位株をスクリーニング

今回は、楽天証券で低位株を購入していきます。

 

1.楽天証券にログイン

まず、楽天証券にログインし、「国内株式」→「スーパースクリーナー」の順にクリックします。

 

2.条件指定をする

画面左側に、「条件指定」の項目があるので、「投資金額」の右側に「1」と入力(1万円以内)、「東証ETF」を除外する

 

3.検索条件を追加

「詳細検索項目」「PBR(株価純資産倍率)(倍)」を追加し、最大値を「2」にします。

17個の銘柄(企業)に絞られました。

ここからさらに絞っていきます。

 

4.「詳細分析」

右上にある「詳細分析」をクリックします。

 

 

5.当期利益がプラスの銘柄を選ぶ

リスクを少なくするために、利益がプラスの銘柄を選びます。

 

ここから利益がプラスの銘柄のみをピックアップします。

 

6.投資銘柄(企業)決定

楽天証券のスーパースクリーニングで10個の銘柄を選び、実際に購入しました。
指値を入れてもなかなか約定されないので、「成行」で注文を出しました。

総投資額 93,700円(手数料含む)

全部爆上げしてくれるとイイですけどね~

 

 

低位株オススメ銘柄

五郎が実際に楽天証券で購入した銘柄を表にまとめてみました。

銘柄 証券コード 保有数量(株) 取得金額(円)
アジアゲートHLDGS 1783 100 7,240
燦キャピタルマネージメント 2134 100 6,930
ダイトウボウ 3202 100 9,650
エー・ディー・ワークス 3250 200 7,890
レッド・プラネット・ジャハ 3350 400 8,670
東理ホールディングス 5856 100 7,330
ヤマシナ 5955 100 10,210
JALCOホールディングス 6625 100 15,140
NEWART 7638 400 11,070
音通 7647 300 9,570
合計 93,700

 

 

【実践】低位株投資まとめとゴール設定

低位株投資銘柄を決定し、実際に購入してみました。
何銘柄爆発してくれるのか今からワクワクしています。

一番難しいのが、利益確定です。

 

一応ゴールを設定ましょう。

 

ゴール設定

・それぞれの銘柄が購入額の2倍になる
2020年6月末

 

10銘柄がそれぞれ2倍の価格になったら利益確定、2倍にならなくても2020年6月末に売却します。

なぜ2020年6月末なのか??
それは、東京オリンピックが始まるからです。

東京オリンピック以降は景気が落ち込むと思っているので、現金化しておいた方がいいかな~って。
2年後の話なので、考えが変わっているかも知れませんけど。

定期的に収支報告をしていきますね。

投資判断は自己責任でお願いいたします。

 

 

 

 

おススメ広告

あなたにおすすめ広告

-低位株投資, 株式投資
-, , , ,

Copyright© 今サラ五郎さんの節約投資実践・勉強 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.